漢方と漢方薬の質疑応答集と村田漢方堂薬局の近況報告 漢方と漢方薬のMKDYネット ブログランキング 間違いだらけの漢方と漢方薬

HP・ブログ・PageRank・SEO・傾向と対策

ネット界の常識と非常識、ネット界の通説と真実。管理者の成功経験と失敗経験をもとに総括。さらにはWebマスターが一番気になる検索順位やPageRank・SEO・ブログなど、ロウジンの目で、鋭い?観察と考察記録。
<< 4月6日のGoogleさんの更新、何と!データーセンタが「次世代型Bigdaddy」へ | main | 相互リンクもほどほどに!?(相互リンクスパム?) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
PageRankが上がる条件は、必ずしも高いページからのリンク数の多さに左右されるわけではないらしいということ!?
ページランクが上がるには、PageRankの高いページからのリンクが多ければ多いほどいいとは限らないようですよ。

経験的なことから言えば、たとえばPageRank4になるためには、当然のことながらページランク4からのリンクを得る必要があるけれども、その数が多ければ多いほどいい、とばかりは言えない。

たとえば、このサイトにはPageRank4から一定数のリンクを得ているが、PageRankはずっと3のまま。

しかしながら、本ブログとPageRank4から同数の被リンクであり、またその他の被リンクの条件が類似している次のブログ、
漢方と漢方薬は風邪・流感(インフルエンザ)に本当に有効か?
は、さっさとPageRank4になっている。
 もちろん、次回の更新では本ブログと同様に3に下がる可能性が無きにしも非ずでではあるが・・・・

そのほかでも同様な現象を複数経験している。

そこで、愚考するに、Googleさんの評価が、サイトやブログのテーマの特殊性および価値観でもPageRankの上下に影響がかなりつよいのではないか? ということである。

この仮説の証明をもう少し詳細に出来ない訳ではないが、PageRankの上下に拘りすぎて、本末転倒してもいけないので、この辺でやめておくが、PageRank4以上からのリンク数が本ブログの2倍近くあってもPageRankが2や3のことだって現実にはあるのだからね。
| 文武 | PageRankについて | 21:14 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:14 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
人気サイト