漢方と漢方薬の質疑応答集と村田漢方堂薬局の近況報告 漢方と漢方薬のMKDYネット ブログランキング 間違いだらけの漢方と漢方薬

HP・ブログ・PageRank・SEO・傾向と対策

ネット界の常識と非常識、ネット界の通説と真実。管理者の成功経験と失敗経験をもとに総括。さらにはWebマスターが一番気になる検索順位やPageRank・SEO・ブログなど、ロウジンの目で、鋭い?観察と考察記録。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ページ内リンク数の算定方法の違いに対する疑問
Googleさんは、

ウェブマスターのための Google 情報

において、リンク数を内外合計100以内に抑えるよう指導されています。

ところが現実には、とりわけブログ類ではなかなか困難な場合もあり、またYahoo!さんのような形態をとられる各サーチエンジンさんについても不可能な場合が多々あるようです。

しかしながら、そのような例外的なケースを除いて、ページ内のリンク数は100以内に抑えるよう指導されているわけですから、出来る限りは遵守するに越したことはないでしょう。

サイト訪問者への分かりやすさの配慮およびリンク効果の面でも、指導を守るに越したことはないということだと思います。

ところで本題の、このページ内リンク数の算定方法において、大いに疑問がある。

SEOの神様といわれるSu−Jineさんのページ内リンク数のチェックツールが最も有名だが、

Su-Jine
自分でやろうSEO (ゼロからのアクセスアップ) > ページ内リンク数チェックツール


このツールでは、重複リンクは算定されない、つまり同じリンクが複数あっても一つとして算定されているために、重複リンクがたくさんあった場合でも、単純なリンク数計算よりもかなり少なく算定されてしまうということである。

ということは、Su−Jineさんは重複リンクは一つとしての計算でよいとされているに違いないことになる。

ところが、重複リンクもそれぞれ一つとして、単純計算がなされるべきだとされる考えも多いのである。

総合検索エンジンN-Searchさんの開発された、

ページ内チェック SEOツール

もそうだし、知人の某氏の開発した

自動リンクチェックプログラムツール

においても、重複リンクもすべて計算に入れるという考えで開発されている。

Su−Jineさんの解釈が正しいのか、あるいは後者のお二人の考えが正解なのか、誰か教えて頂けませんか?
| 文武 | ページ内のリンク数 | 10:21 | - | - |
ブログではリンク数を内外合計100以内に抑えるのは余程の努力が必要!?
ブログでは、一般Webサイトと違って、うっかりしていると直ぐにトップページの内外リンク数が100を超えてしまう。

カテゴリ設定の計画性がなかったこともあって、完全に諦めてしまったブログを数個持っている。

厳選相互リンクSEO・ブログ版

相互リンク専門サイト運営記録

この二つはどうしようもない。
完全にギブアップである。
だから、登録されている方の被リンク数がなるべく多くなるように、そちらの方で頑張らざるを得ない。
PageRankでの貢献は、ほとんど出来ない。
PageRankの貢献は、親サイトの「厳選相互リンクSEO」ですることになるはずである。
ブログ版での貢献は、被リンク数での貢献ということだ。

ところで、多くのブログで100を超えない工夫をしているので、他のブログは何とか維持出来ているはずである。

しかしながら、いずれ危うくなりそうなブログもあるのも事実である。
カテゴリや月別アーカイブなどが増えるにつれ、一部のブログはどうしようもないかもしれない、ということなのだ。

コメントやトラックバックを受け付けないようにしていても、この通りである。
一般Webサイトでは、その意思さえしっかり持っていれば、確実に維持できる。

厳選相互リンクSEO

漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局

漢方と漢方薬の真実


これらはシッカリ、内外リンク数を100以内に永久に維持するつもりである。

また、出来立てのほやほやの相互リンク専門サイトもどき

相互リンクプログラムネット

にしても、

ブログ版・相互リンクプログラム

も、これまでの経験を活かして、計画的な設計通りに事を運ぶつもりであるが、もともと即興的な性格があるから、気をつけなければならない。
| 文武 | ページ内のリンク数 | 01:18 | - | - |
ページ内リンク数が測定できるサイトさん
このブログや、管理運営している「厳選相互リンクSEO」で、しばしば言及するページ内リンク数の問題について。

Googleさんのご指導によれば100以内、99までにすべし、ということだが、それをどうやって正確に把握できるのか、不安に思われる方が多かったので、大変便利なサイトさんをご紹介します。

つい、うっかりと皆様ご存知のことと思い込んでいましたが、サイトを開いたばかりの方たちが、知らなかったのは無理もありませんでした。

かの有名なSEOの神様、Su-Jineさんのサイトです。

SEO 対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine

このサイトさんのカテゴリー中にページ内リンク数チェックツールという項目がありますので、そこを開いてもらって、測定したいページのURLを記入すればよいのです。

ただし、いくらなんでもストレートに入るのは、失礼だと思いますので、必ず上記のトップページから入られて、「ページ内リンク数チェックツール」にを見つけて下さい。

これが、礼儀だと思います。

そのほかにも、大変参考になる記事が満載ですので、皆様、よく勉強なさって下さい。

先ほども書きましたように、ネット界では「SEOの神様」と呼ばれている方のサイトです。

小生の一般Webサイト3つは、いずれも御登録頂いて、大変お世話になっています。




| 文武 | ページ内のリンク数 | 20:49 | - | - |
ページ内のリンク数は、内外合計、100以内に!
Googleさんの「Googleについて」は、よく読んでおく必要がある。

この中でも、とりわけ「Web マスター関連情報」は、重要である。

ここでは、特にページ内リンクの問題について言及したい。

Googleさんのご指導では、ページ内のリンク数を、内外合計100以内に抑えるようにと、明言されている。

これがWebマスターの心得である、ということであろう。

ただ、例外的に、Yahoo!さんや、数多くの検索サイトさんでは、サイトの性質上、100を越えざるを得ない事情があるようだ。

Yahoo!さんでは、常に180前後となっている。

これら検索サイトさんのトップページは例外としても、多くの場合、やはり、Googleさんの御指導どおり、内外のリンク数の合計100以内を守るべきだろう。

このブログの筆者も、初期の頃に、無知なるがゆえに、大失敗をしている。

相互リンク集(1) ここでは内外リンク数が100をかなりオーバーして、せっかくPageRankが3であっても、リンク効果が半減している。

各サーチさんや、相互リンク専門サイトさんには、申し訳なかったと思うので、少しずつ移転してもらって、逐一御報告しようとしていたが、リンクを外したと誤解されかねない事情が勃発したことから、移転作業をあきらめた。

その後は、このページ以外は、漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局 のサイト内では、すべて内外のリンク数100以内を守っている。

不思議なことに、ネット界で活躍されるかなりベテランと思われるサイトさんでも、まったくご存じなかったという場合が多く、私のようなネット界の新人が、これまで何度か、指摘して差し上げたこともあった。

大きなお世話だったこともあり、最初は喜ばれても、後にひどく敬遠されてしまったこともある。

ともあれ、上記のGoogleさんの御指導については、すべてのWebマスター、必読のサイトなのだから、見落としのないように、再三再四、読んでおかれるべきであろう。
| 文武 | ページ内のリンク数 | 07:43 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
人気サイト